AirPodsで音楽を聴いているときは、AirPodsのコントロールを使用して、音楽を一時停止/再生したり、次の曲にスキップしたり、前の曲にスキップしたりできます。 AirPodsを使用して音楽の音量を制御することもできます。

参照:AirPodsが耳から落ちないようにする方法。

オーディオを制御する方法

AirPods Pro

AirPodsProには力センサーと呼ばれるものがあります。 これは、指を押すと反応するAirPodsのステム上の領域です。

AirPodsProの力センサー
  • Play or Pause – 音楽を再生または一時停止するには、力センサーを(すばやく)押します。
  • Skip Forward – 次の曲にスキップするには、力センサーを2回押します(ダブルクリックのように)。
  • Skip Backward – 前の曲に戻るには、力センサーを3回押します。
  • Volume Up or Down – Siriに電話してください。 Hey Siri, volume up また Hey Siri, volume down.

AirPodsProの長押し機能の変更

デフォルトでは、AirPods Proの力センサーを押し続けると、ノイズキャンセルモード(アクティブノイズキャンセルモードと透明モード)が切り替わります。 この動作を変更するには:

  1. AirPodsを中に入れて、AirPodsケースを開きます。 iPhone(またはiPad)で、[設定]に移動して[Bluetooth]を選択します。
  2. リストでAirPodsを見つけて、名前の横にある情報ボタン(円の中にある「i」)をタップします。
  3. [AirPodsを押し続ける]セクションで、[左]または[右]を選択します。

押し続けるとノイズコントロールを変更するには:

  • ノイズコントロールが選択されていることを確認します。 押し続ける機能で使用する2つまたは3つのノイズ制御モードを選択します。

押し続けるとSiriに電話をかけるには:

  • 左または右のAirPodを選択した後、Siriを選択します。

注:AirPodProごとに異なる機能を設定できます。 たとえば、左側の1つでノイズキャンセルモードを切り替え、右側の1つでSiriを呼び出すことができます。

参照:静的なパチパチ音を無料で交換したAirPodsProを入手する方法

AirPods

第1世代または第2世代のAirPodsをお持ちの方は、Siriを使用してオーディオを制御できます。 ステムの上部近くでAirPodをダブルタップすることもできます。 このダブルタップ機能にはプリセット機能が付いていますが、その機能を変更することができます。

AirPods画像

AirPods(第2世代)

あなたが言うときあなたのAirPodsは応答します Hey Siri.

  • Play or Skip Forward – ステムの上部近くにあるAirPodをダブルタップして、音楽の再生を開始します。 すでに曲を聴いている場合は、ダブルタップすると次の曲にスキップします。
  • Other Functions – Siriに電話してください。
    • Pause – Hey Siri, Pause
    • Skip Backward – Hey Siri, Skip Back
    • Volume – Siriに電話してください。 Hey Siri, volume up また Hey Siri, volume down.

AirPods(第1世代)

すべての機能で、ステムの上部近くにあるAirPodをダブルタップしてSiriを呼び出します。 ダブルタップは言うようなものです Hey Siri.

ダブルタップ機能の変更(AirPods第1世代または第2世代)

  1. AirPodsを中に入れて、AirPodsケースを開きます。 iPhone(またはiPad)で、[設定]に移動して[Bluetooth]を選択します。
  2. リストでAirPodsを見つけて、名前の横にある情報ボタン(円の中にある「i」)をタップします。
  3. 左または右のAirPodを選択します。
  4. 機能を選択します。
    • Siriに電話する
    • 再生して一時停止
    • 前にスキップ
    • 後方にスキップ

予期しない動作で問題が発生した場合、またはAirPodsの設定が保存されない場合は、「AirPodsおよびAirPodsProの設定が保存されない」を参照してください。修正してください。

Related Articles: